月別アーカイブ: 2014年6月

抜け毛が気になり始めたらシャンプーを見直してみよう

シャンプーをした後やお風呂上りの抜け毛に驚いたことないですか?
もしかしたら、今抜け毛で悩んでいる方もいるかもしれません。

髪の毛が長い方だと、1本抜けるだけでもどうしても目立ってしまうので抜け毛が気になりますよね。
最近だと、女性の薄毛が問題視されはじめているので、薄毛になる前にどうにかしたいものです。

そんな女性の抜け毛対策に必要不可欠なことがあります。
それが、「頭皮にやさしいシャンプーを使う」ということです。

これ当たり前のように思いますが、実はほとんどの人ができていません。

「私は大丈夫!有名でテレビCMしているシャンプー使っているから大丈夫!」
と、思ったあなた!本当に大丈夫ですか?

では、どのようなシャンプーが大丈夫なのか、どのようなシャンプーが危険なのか見ていきましょう。

抜け毛が気になったら避けたいシャンプーとは

抜け毛が気になり始めたら避けておきたいシャンプーからお話します。
女性の場合、ほとんどの方が「安かったから」「テレビCMしていたから」「有名だから」という理由でシャンプーを選んでいるんですね。

でも実は、これこそがシャンプー選びを失敗してしまう原因なのです。

というのも、シャンプー選びで一番気を付けておきたいことが、「成分」なんですが、ほとんどの人は成分を見ていません。
実は、有名なシャンプーだから良い成分を使っているというわけではないんです。

抜け毛に影響があるかもしれない成分

シャンプーは大きく分類すると3種類あります。

  1. 高級アルコール系…頭皮への刺激が強い
  2. 石鹸系…頭皮への刺激が強い
  3. アミノ酸系…頭皮への刺激はマイルド

実は、市販されているシャンプーの大半が、頭皮への刺激が強い高級アルコール系シャンプーなんです。

では、どうして有名なシャンプーなどにこのような成分が使われているのでしょうか。
答えは、成分の原価が安いからなんです。
原価が安いためメーカーとしては利益を大きくできるのでこのような成分を使うんですね。

実際に、あなたが今使っているシャンプーボトルの成分表をチェックしてみてください。
次のような成分が書かれているシャンプーは、要注意です。

  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸アンモニウム
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • オレフィンスルホン酸ナトリウム

これらの成分が配合されているシャンプーは、抜け毛が気になる場合避けましょう!

では、どのような成分のシャンプーを使うと良いのでしょうか。

抜け毛が気になったら使っておきたいシャンプー

ビューティー・ベージュバック

抜け毛が気になったらマイルドな洗浄力のアミノ酸系シャンプーがおすすめです。
アミノ酸系シャンプーは、成分原価が高いためほとんど市販されていません。
そのため、美容院で販売されていたり、ネット通販で販売されていることが多いです。

ただ気を付けないといけないのが、アミノ酸系シャンプーと宣伝しながらも、先ほど紹介した高級アルコール系の成分を配合しているものがあるということ。
これは、成分表を確認すればすぐにわかるので、ぜひチェックする癖をつけてくださいね。

抜け毛が気になり始めたらアミノ酸系シャンプーを使って優しくケアしてあげることが大切です。
とはいえ、アミノ酸系シャンプーといっても種類がたくさんあります。

抜け毛が気になると、どうしたらよいのか焦ってしまいますが、まずはシャンプーを見直してみることが一番です。

放置していても勝手に良くなることはほとんどないので、できることから始めていきましょう!

<追記>
抜け毛が気になる方は、次の記事も一緒に読んでみてください。アミノ酸系シャンプー選びで失敗しないための選び方のポイントをお話しています。
>>> アミノ酸系シャンプーの失敗しない選び方

女性の薄毛対策には育毛剤を使ったケアを!

 

アラサー女性の間で最近問題になってきているのが「薄毛」なんですよね。
まだまだ女性の薄毛というと「私には関係ない!」って思う方が多いのですが、実は女性はいろいろなことが原因で薄毛になってしまうんです。

テレビや雑誌などでも女性の薄毛について語られることが増えてきているので、すでにご存じの方も多いかもしれないですね。

女性の薄毛の原因は?

そもそも、どうして女性が薄毛になるの?って思いますよね。
ほとんどの人は、薄毛=中年男性の悩みという感じでとらえていると思います。
実は、私もつい最近まで女性が薄毛になるなんて知らなかったんですけどね。

それで、どうして女性が薄毛になってしまうのかというと、原因は様々あります。

  • 遺伝
    女性ホルモンバランスの変化
    頭皮環境の悪化
    生活習慣の乱れ
    加齢

このようなことが原因で、女性も薄毛になってしまうんですね。

特に女性ホルモンバランスの変化は、誰にでも起こることなんです。
たとえば、出産後に抜け毛が増えてしまったり、更年期で抜け毛が酷くなることもこれに該当してしまいます。

このように、実は誰にでも起こりうるのが女性の薄毛なんですね。
とはいえ、女性の薄毛ってしっかりとケアをすることで改善しやすいって言われているんです。

では、どのようにケアをすればいいのでしょうか。

女性の薄毛対策には育毛剤を使ったケアが欠かせません

薄毛対策には、シャンプーや生活習慣の見直しなど、すべきことはいくつかあります。
が、やはり絶対的にやっておきたいのが、育毛剤を使ったケアです。

というのも、シャンプーや生活習慣の見直しだけでは、発毛促進や育毛促進の効果はないわけです。
(頭皮環境を整えるということで、全く意味がないことはないです。むしろ、しっかりとやることが大切)

医薬部外品の育毛剤なら、厚生労働省が許可した有効成分が配合されているので、しっかりと使い続けることで実感する人が多いんです。
(もちろん、効果や感じ方は個人差があります)

そのため、薄毛が目立ってきたら、まずは育毛剤を使ったケアに取り組むことがとっても大切です。

よく、シャンプーを高級なのに変えたのになかなか改善しないと嘆いている方がいますが、それはシャンプー自体に発毛促進や育毛促進の働きがないからなんですね。

とはいえ、育毛剤って種類がたくさんあるので、どれを選べばよいか悩んでしまいますよね。

育毛剤ってどんなのを選べばいいの?

aromatherapy

結局一番知りたいところって「本当に良い育毛剤はどれ?」ってことですよね。
どれだけ値段が高くても、効果がなかったら意味ないですからね。

まず、育毛剤を選ぶ時にまず知っておきたいことが、「女性用と男性用では配合されている成分が違う」ということ。

そのため、女性の薄毛には女性用の育毛剤を使ったケアが大切なんです。
薄毛の原因が男女で違うため、必要な成分も違っているんですね。

そして、有効成分がしっかりと配合しているものを選ぶことが重要です。

怪しい育毛剤や変な商品が多いですが、まずはこの2点をしっかりとチェックすることが何よりも大切です。

っていっても、やっぱり商品数がとっても多いので、どれを選べばいいのかわからない方も多いと思います。
そのため、女性の薄毛対策には、女性用育毛剤で紹介されている育毛剤を使うといいかと思います。

商品ごとの成分や特徴をまとめてくださっているので、わかりやすいと思いますし、何より具体的に解説されているので安心できますね。

ということで、女性の薄毛対策についてのポイントと育毛剤の最低限の選び方についてお伝えしました。
薄毛っておそらくこれから悩む方が増えてくるので、気になり始めたらできるだけ早く対策するようにしておきましょう!

ヘアケアで若さをキープ

お肌のお手入れはしっかりするけど、髪の毛の手入れをされている方は少ないですよね。
もっというと、髪の毛の手入れはしているけど、頭皮ケアはされている方がとっても少ないです。

髪の毛のボリュームやはり、コシがなくなると、それだけで老けて見られてしまいます。
お肌のお手入れはしっかりとしているのに、ふけて見られるのはもったいないです。

そのために始めておきたいのが、頭皮ケア。
頭皮ケアの代表的な方法として頭皮マッサージがあります。

頭皮は体の末端なので、どうしても血の巡りが悪くなりがち。
特に冷え性の人なんかは、足の先の血の巡りが悪くなるように頭皮もあまりよくなく、頭皮がカチカチになっている方も。

頭皮がしっかりと健康的でないと、元気な髪の毛も生えてきません。
そのため、ヘアケアには頭皮ケアが欠かせないのです。

頭皮マッサージ以外にも、育毛剤を使ったケアも忘れてはいけません。
育毛剤というと、薄毛対策としてだけ使うものだと考えている方も多いですよね。

でも、育毛剤の中には血行促進や保湿成分が配合されています。
そのため、頭皮ケアとして使うのにも十分なんですよ。

また最近では、女性の薄毛も問題になってきています。
気が付いたら薄毛が進行してしまっている…という方がとっても多いのです。

そうならないためにも、日ごろから育毛剤を使った頭皮ケアをしておくことをおすすめします。
育毛剤ならお金もそれほどかからないので、誰でも今すぐ始められるのがうれしいですよね。

お肌のお手入れをするのと同じように、頭皮ケアもしっかりと行っていきましょう。

自分の肌質をしっかりと知ることが大切

美しくキレイになるために欠かせないことが、自分を知るということ。
何事もそうですよね。
自分の肌質を知らないと、使っていい化粧品かどうかもわかりません。

たとえば、美白化粧品を使うとします。
敏感肌の方は、紫外線の影響を受けやすいため美白化粧品の選び方も慎重になる必要があります。
普通肌の人と同じように選ぶだけではだめだということですね。

また、乾燥肌で保湿目的で使う人とオイリー肌の人では使うべきものも違いますよね。

このように、化粧品やシャンプー、育毛剤を使う場合は、まず初めに自分の肌質を知ることが何よりも大切なのです。
しかし、自分の肌質を知るということは、できているようで案外できていない方が少なくありません。

たとえば、自分はオイリー肌だと思い、洗浄力が強い洗顔料を使っている方がいます。
しかし、実はお肌は乾燥していて、いわゆるインナードライ肌である場合もあります。
この場合、しっかりとうるおいを与え保湿することがお肌には一番いいわけですが、本人はオイリー肌だと勘違いしているため、なかなか正しいケアができていないですね。

また、シャンプーを選ぶ時も同じように勘違いされる方もいます。
自分は汗っかきで皮脂が多いから、洗浄力が強いシャンプーを選んでいるケースです。
それも実は、頭皮が乾燥してしまっているのに必要以上に皮脂を落とすことによる過剰な皮脂分泌になっていることもあります。

このように、自分の肌質はわかっているようで、なかなか理解できていないことが多いんですね。
一見すると、乾燥かも?オイリーかも?となるのですが、しっかりとみると実は真逆の肌質であることは少なくありません。

何よりも大切な自分の肌質をしっかりと理解するということをまず初めに行いましょう。