アミノ酸系シャンプーの失敗しない選び方

抜け毛が気になり始めたら、頭皮にやさしいアミノ酸系シャンプーを使うことをおすすめしています。
しかし、アミノ酸系シャンプーの中には、アミノ酸系シャンプーと宣伝しながらも、高級アルコール系の洗浄成分を配合していたり、刺激が強すぎる洗浄成分を配合している商品も少なくありません。

そこで、失敗しないためのアミノ酸系シャンプーの見極め方についてお伝えしていきます。

アミノ酸系シャンプーは”アミノ酸系の洗浄成分のみ”を選ぼう

先ほどもちらっとご紹介したように、アミノ酸系シャンプーという宣伝文句だけを頼りに選ぶのはあまり良くありません。
まずは、成分表を確認して低刺激で安心して使える成分だけが配合されているのかどうかを確認することが大切です。

特に、抜け毛や薄毛、かゆみ、ふけなどの頭皮トラブルで悩んでいる方には、アミノ酸系の洗浄成分のみを配合したシャンプーがおすすめです。
アミノ酸系の洗浄成分としてよく使われている成分には、次のようなものがあります。

    コカミドプロピルベタイン
    ココアンホ~
    ココイル~

「コカミドプロピルベタイン」は、ベタイン系の代表的な洗浄成分となっています。
天然の成分で作られていて、頭皮への刺激がとても低いのが特徴的です。
上質なシャンプーには、配合されていることが多いので、しっかりとチェックしておきましょう。

「ココアンホ~」「ココイル~」には、保湿効果が期待されています。
女性の抜け毛や薄毛は、頭皮の乾燥が原因で起こることも少なくないため、非常に貴重な成分となっています。
ただし、頭皮につきやすい性質があるため、すすぎはしっかりと行うようにしましょう。

これらの成分のように、アミノ酸系の洗浄成分のみを配合したシャンプーを選ぶことで余計な刺激の心配がありません。
アミノ酸系シャンプーの中には、刺激が強い洗浄成分を含んでいるのも多いので、まずは洗浄成分をしっかりと確認しておきましょう。

頭皮への刺激が気になる添加物を含んでいないシャンプーを選ぼう

洗浄成分をチェックした次は、添加物の有無を確認しておきましょう。
最近では、無添加・ノンケミカルシャンプーが注目を集めるようになっていますが、それだけにこだわるのはあまりおすすめしません。
やはり、アミノ酸系の洗浄成分を含んだ上で、無添加・ノンケミカルということが大切です。

シャンプーに含まれている主な添加物としては次のようなものがあります。

    石油系界面活性剤
    着色料
    香料

これらの成分は、頭皮ケアを行う上で特に必要のない成分となっています。
特に、着色料や香料というのは、あくまでも使用感を良さそうに見せかけている成分なので必要ありません。

また、防腐剤として「フェノキシエタノール」「パラベン」を配合しているシャンプーが多いですが、
最近では防腐剤も天然由来成分で代用しているシャンプーも増えてきています。
防腐剤によっては頭皮への刺激がとても強い成分もあるため、頭皮のことを考えるならこういった100%天然由来成分を使ったシャンプーを選ぶのも一つです。

シャンプー選びで悩んだら実際に使っているサイトを参考にしよう

上記2つが、アミノ酸系シャンプーの失敗しない選び方のポイントとなります。
そして最後のポイントが、使っている方の生の声を参考にするということです。

シャンプーは、年々商品の数も増えてきているのでどれを選べばよいのか迷いがちです。
特に最近では、上質な成分のシャンプーも増えてきているため、どっちがより良いのか迷う方も少なくありません。

そういった場合は、実際に使っている方の声が乗っているサイトなどを参考にすると良いでしょう。
実際にシャンプーを使って、比較されているサイトなんかはとってもわかりやすく参考になります。

特におすすめは、「アミノ酸系シャンプーおすすめはコレ【ガチ自腹で使い比べてみました】」さんのサイトです。
タイトル通り、アミノ酸系シャンプーだけを厳選して実際に使った感想や成分について詳しくまとめてあります。
ネット通販で人気のシャンプーを中心に実際に使われているようなので、見ていて楽しいですし勉強になります。

以上が、アミノ酸系シャンプーを選ぶうえでチェックしておきたい3つのポイントでした。
アミノ酸系シャンプーは、抜け毛や薄毛が気になり始めたら使う方が多いので、変な商品を買う前に慎重に選ぶこともお忘れなく!